ヘッダー

ロゴ

サイトマップ FAQ お問い合わせ
会社案内 NEWs リクルート


top>>会社案内>>社長挨拶

社長挨拶メイン写真

社長挨拶

新たな医薬品を開発し、臨床現場に提供することは、日本の医療水準の維持・向上につながる重要なステップであり、その為にも治験の実施は必要不可欠です。
しかし、1997年に施行された新GCPへの対応、ICHの合意を受けた海外臨床データーの受け入れ、更には製薬企業のグローバル化に加え、国内治験環境の整備の立ち遅れが要因となり、日本では “治験の空洞化現象”が問題となっております。
更に、米国や欧州ではPharmacogenetics 等の遺伝子情報の解析が治験の中で標準的に実施されつつありますが、日本では未だに対応が出来ずこの分野においても世界の趨勢に遅れをとっています。
このような状況のもと、私どもは医療機関における治験環境の整備とPharmacogeneticsの実現、更にはオーダーメイド医療の確立に向けた取り組みを行います。次世代を見据えた未来医療を構築するお手伝いをすることが私どもの社会的使命であると考え、 “未来医療研究センター”を設立いたしました。


弊社の特徴

  • 提携先の徳洲会グループ(日本で63病院を擁し、日本の総病床数の1%を超える国内最大の医療グループ)との提携により、質の高い治験を迅速且つスムーズに行います。
  • 医薬品開発経験者が依頼者の窓口になり、スムーズな治験実施が可能です。
  • 医師に加え、臨床薬理学者、生命倫理学者、弁護士などと多彩なメンバーを有した治験審査委員会による、質の高い審査を実施します。
  • 協力いただける大学、研究機関との提携によりPharmacogenetics等の遺伝子情報の解析も可能です。

これらにより未来医療研究センターは、質の高い治験と研究を積極的に推進し、創薬研究をお手伝いしてまいります。そして、「患者様の誰もが、より良い医療をより早く受けられる新しい医療社会の実現」が私どもの願いです。

株式会社未来医療研究センター
代表取締役社長 山路 弘志